「世界をもっと平和に」

そのためには世界中のみんなが食に困らない世界にすること

――――――――――――――――

――――――――――――――――

なぜ、十分な食料があるのに飢餓に苦しむ人がいるのか?

 全人類が食べていけるだけの十分な食料が生産されている一方で、8億1,500万人(世界人口の9人に1人)が、飢餓に苦しんでいます。さらに、3人に1人が何らかの栄養不良に苦しんでいるのが現状です。

 SDGs(持続可能な開発目標)の1つにも掲げられている「飢餓をゼロに」という目標の達成のカギを握るのが、穀物です。

 飢餓が起きているのは、「人口に対して食べ物が足りないから」ではありません。現在、世界での穀物生産量は、年間約26億トンであり、これは、一人あたり約340kg以上の穀物が食べられるという計算になります(1年の必要穀物量は、一人180kg)。

 では、なぜ飢餓が起きるのでしょうか。じつは、穀物の多くが人間がそのまま食べるのではなく、家畜のエサとして使われているのです。牛肉1kgを作るのに穀物10kgが必要になるため、肉の消費量が増えることが飢餓の原因のひとつと言えます。

 アメリカでは、一人あたり年間1万トン以上もの穀物を消費しています。生産量の8割の穀物を、食肉生産のために使っているからです。しかし、牛は本来は穀物ではなく、草を食べる生きものです。

ま た、日本は廃棄される食糧の割合が世界一高いと言われています。まだ食べられる食糧の少なくとも20〜30%が廃棄処分されており、日本人が肉の消費量を2割減らせば、飢えをなくすことができるとも言われています。

――――――――――――――――

私たちは、持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

 私たち一般社団法人ジャパンズビーガンつぶつぶは、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」という国連加盟国の誓いに、大いに賛同させていただき、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、SDGsの普及、推進に積極的に取り組んでいきます。