JVATT(ジェイバット)とは、一般社団法人ジャパンズビーガンつぶつぶ「Japan’s Vegan Association Tubu-Tubu」の略称です。

私たちは、「地球ひとつで、みんなが食に困らない世界」を実現するために、日々活動しています。

世界の人口は2045年に90億人を越え、そのとき私たちが今の生活を続けるには3個分の地球が必要だと言われています。私たちの日々の食事から、動物性の食べものを減らし植物性の食べものを増やせば、10倍以上もの人々を養うことができます。そしてその可能性に世界中が目を向け始めています。

今、日本でもビーガンが注目されていますが、情報の多くが欧米型のビーガンです。本来はその国や地域の気候風土や文化に合ったビーガンの実践方法が必要です。つまり日本人には、日本型のビーガンが必要なのです。

ジャパンズビーガンつぶつぶは、日本の気候風土、日本人の体の仕組みに合ったビーガン食の啓発普及を通じて、人類の健康増進に寄与することを目的に、次の3つの活動を推進していきます。

  • 「ビーガンごはんの日」プロジェクトの推進
  • ビーガン食の研究、啓発普及に取り組む国内外の団体との交流及び情報交換
  • 日本人のためのビーガン食を普及啓発する情報発信やイベント等の開催

地球ひとつで、みんなが食に困らない世界を。
そして、世界の進歩発展につながればと考えています。

ジャパンズビーガンつぶつぶの活動に、みなさまの力を貸して下さい。

ごあいさつ≫

創立者、代表理事、事務局長からみなさまへのごあいさつ

会員になる≫

活動を支援していただける方は、ぜひご入会ください。

機関誌発行≫

年4回・無料で発行している機関誌をご紹介します。